レンタルできる振袖と着物の違い

振袖はレンタル商品としても人気です。とくに成人式や初詣といった機会には、利用者も大きく増えます。普段が着ることのない伝統衣装だけに、積極的に着ていきたいものです。とくに振袖というものは、生涯の中で身につけられる時期というものが限られています。つまり、チャンスを逃してしまうと、二度と体験できなくなる可能性があるのです。
振袖が一般的な着物と大きく違う点として、その名にもあるとおり、長い袖を持っていることがあげられます。ときには足元まで袖が垂れているものもあり、レンタルの中でもよく目立つものです。こうした袖は、江戸時代に端を発するもので、踊り子が愛情を示す仕草を真似したことにあります。やがて未婚の若い女性に一大ブームを起こすことになり、ついに文化として定着するに至りました。このため、振袖を着ることができるのは、未婚の女性に限られています。これを守らないことは、冬に浴衣を着るようなもので、どれほど美しくとも場違いです。
振袖には、厄を祓うという意義も含まれています。おめでたい席にこそ最適なものですから、結婚式の招待を受けた際にも、ふさわしいものを着ていくべきです。振袖をレンタルして、経済的に最高の一着を体験していきましょう。